Dentis 訪問歯科

いつでも。どこでも。
訪問歯科の管理を
かんたんに。

鋭意開発中
Dentis 訪問歯科画面
訪問歯科の現状

少子高齢化の日本では、これから訪問歯科が大事になる

日本は少子高齢化の時代であり、運動機能の衰弱などによって自力で歯科医院に通えない患者さんが増えています。

要介護者の
口腔状態と
歯科治療の必要性

要介護者の口腔情報と歯科治療の必要性グラフ

引用:日本歯科医師会「2040年を見据えた歯科ビジョン ―令和における歯科医療の姿―」

日本歯科医師会のデータによると、要介護状態の高齢者のなかで歯科治療・口腔ケアの必要性がある方は64.3%。そのうち、実際に歯科治療を受けた方は2.4%です。ほとんどの要介護者は治療を受けられていません。

その大きな理由は「自力で歯科医院に通えない高齢者が多いこと」。また「訪問歯科を提供している歯科医院が少ないこと」です。事実、全歯科医院のなかで訪問歯科の実績があるのは2割にとどまっています。そこでDentisは訪問歯科業務の普及に貢献するためにも「訪問歯科の複雑な業務を支援する機能」を追加しました。

訪問歯科に取り組んでいる歯科医院はもちろん、「介護報酬の計算が難しそう」「スケジュール管理ができなそう」といった不安から訪問歯科を始められなかった歯科医院が、Dentisを使うことで安心して参入できたら、と思います。

訪問歯科の課題

従来の訪問歯科業務はやるべきことが多くて複雑

訪問準備から訪問先への移動、 業務内容の記録や帰院後のレセコン入力など、さまざまな業務が発生します。

訪問歯科の1日の流れ

訪問歯科の1日の流れイメージ

訪問予定管理が大変

決まった曜日・時間に定期訪問する予定を、毎回作成し管理するのは大変です。 また当日の診察状況が予定通りに進まない場合など柔軟に対応する必要があり、せっかく作成した予定表も無駄になることもありえます。

カルテや文書作成が大変

各患者さんについて、毎回いちからカルテを書くのは大変です。また紙のカルテだと、紛失するなどで情報漏洩のリスクがあります。そのほか、患者さんに提出する文書の作成も時間がかかる業務の一つです。

請求業務が大変

訪問歯科では介護保険が関わるため請求業務が複雑です。自身で行う場合、介護報酬の知識をもつ事務スタッフに属人化してしまいます。またレギュレーションを理解できておらず、請求漏れになることもあります。仮に介護請求を外部委託した場合でも資料整理・共有に時間を取られてしまいます。

Dentisの訪問歯科なら
訪問歯科業務がカンタンかつスピーディーに

訪問予定の作成や管理などの
手間を大幅に削減

かかりつけ支援機能
カルテ・レセコン機能

定期的な予定を登録しておけるため、入力の手間と時間を削減できます。また、出先でも外来予約の状況を確認できるため、現地でスムーズに次回予約を設定することが可能です。

訪問予定画面イメージ

訪問先からでも
カルテの閲覧・記録が可能

カルテ・レセコン機能

これまで、訪問歯科のカルテ作成やレセプト登録は、訪問先から帰院後に院内のカルテ・レセコンに登録する必要がありました。Dentisなら訪問先から直接、診察した患者のカルテを閲覧・記録することができるため、業務効率向上につながります。

訪問先からカルテ閲覧・記録イメージ

医療保険・介護保険に対応した
シームレスな会計機能

カルテ・レセコン機能

請求書や領収書、診療明細などの会計帳票は、患者ごと・訪問先ごとにまとめて出力することが可能です。もちろんレセプトの出力は、医療保険・介護保険の両方に対応。介護報酬の改定も自動でアップデートされるため、請求漏れの心配はありません。

医療保険・介護保険出力イメージ

セキュリティ万全のクラウドツールだから、
いつでもどこでも安心して使える

安心して業務が行えるよう、セキュリティ強化に取り組んでおります。
Dentisは国際標準規格に適合した「ISMS」の認証を受けており、暗号化による通信の保護や二要素認証によるセキュリティ強化のほか、クライアント認証を発行することで、アクセスできるデバイスを制限することも可能です。

Dentisのセキュリティの取り組みについて

訪問先の患者とふれあう時間を大切に

Dentisの訪問歯科機能

訪問予定管理

訪問予定管理

訪問先の定期的な予定をあらかじめ設定しておけるため、スケジュール作成の手間が軽減できます。また急な予定調整も柔軟に対応できます。

訪問メモ

訪問メモ

訪問先の患者情報について、現地ですぐにメモを残すことが可能です。院内に戻った後に訪問メモを見返せるため、カルテ記載や情報共有の際に役立ちます。

オンライン診療

オンライン診療

指導中の歯科衛生士や訪問先の施設スタッフと歯科医師をオンラインでつなぐことで、患者様の急なお口のトラブルにも対応できます。また嚥下、食事指導とも相性よく活用できます。

Dentisのカルテ・レセコン機能と組み合わせれば
訪問歯科業務がもっと効率的に

介護保険請求対応

介護保険請求対応

医療保険と介護保険の両方のレセプトを一括で出力できます。1つずつ計算をする必要がないうえ、介護請求漏れのリスクを回避できます。

一括会計

一括会計

訪問先・患者名・会計内容が紐づけてありますので、月末などに患者ごと・訪問先ごとにまとめて会計帳票を出力することが可能です。

文書作成

文書作成

訪問歯科に必要な提供文書を、フォーマットに合わせて入力するだけでカンタンに作成できます。

カルテ作成支援

カルテ作成支援

Dentisのカルテ・レセコン機能と組み合わせることで、訪問先から直接カルテを作成することが可能です。

3分でわかる Dentis訪問歯科
資料ダウンロード

プライバシーポリシー」 に同意いただいた上で、送信ボタンを押してください

Dentisデンティス導入について
ご不明な点がございましたら
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

Dentis専任スタッフが、導入方法や機能活用方法など丁寧にお答えいたします。

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

050-1751-0849

株式会社メドレー Dentis事業推進室

受付時間:10:00〜18:00(土日祝・年末年始休み)