Dentisプロダクトトピック (2023年1月度)

Dentisプロダクトトピック (2023年1月度)

2023年01月01日

皆さま、こんにちは。Dentis開発ディレクターの山本です。

2023年1月のDentisプロダクトトピックです。今月も機能アップデートの紹介や今後の開発計画、知っておいてもらいたいDentis活用トピックなどについてお伝えしていこうと思います。

12月の機能アップデート

2022年12月に実施した機能アップデートの中で、特徴的なものをご紹介します。

その1:休診カレンダー表示の改善

休診に関するカレンダー表示の改善を実施しました。

いままで、スタッフ設定画面で設定した休診設定を確認する場合は、該当日付のカレンダーを選択し、スケジュールの空き状況を確認する必要がありました。今回のアップデートにより、該当日付のスケジュールを開くことなく、右上のカレンダーパネルより休診状況を確認することができるようになります。終日休診の場合はピンクのバッヂ一部休診の場合は黄色のバッヂが表示されます。

■ 休診カレンダー表示の改善


その2:自費マスタのカテゴリ編集

トータル支援プランの利用者向けに、自費マスタのカテゴリを編集する機能を追加しました。

いままで、自費マスタのカテゴリとしては「処置 / 補綴 / インプラント / 義歯 / 審美 / 矯正 / 予防・メンテナンス / 検査 / 物販 / その他」の10個のカテゴリを標準提供し、カテゴリの編集は不可としていました。今回のアップデートでは、診療形態に応じて自費のカテゴリを柔軟に変更したいという声をふまえて、自費マスタのカテゴリを編集できるようにしました。これにより柔軟な自費メニューを設定することが可能になります。

■ 自費マスタのカテゴリ編集




その3:提供文書入力方式の変更

トータル支援プランの利用者向けに、提供文書の作成を支援する機能を用意していましたが、入力方式を変更しました。

いままで、ひとつの画面にすべての入フォームを表示し入力を促していましたが、入力するフォームを分割しステップ毎に情報を入力するように変更しました。なお、来年に予定しているサブカルテ機能のリリースタイミングとあわせて、サブカルテを申し込みのお客様については、手書きで提供文書が作成できる機能が追加される予定です。

■ 提供文書入力方式の変更


今月のピックアップ機能

先月の機能アップデートの中で特徴的なものをご紹介しましたが、Dentisはその他にも多くの機能があり、現在開発中の機能もあります。いくつかの機能を毎月ピックアップしてご紹介させてください。

今月は、サブカルテ記載の業務を支援する機能 (開発中) についてご紹介させてください。11月のプロダクトトピックでも概要について軽くふれましたが、機能デザインが固まってきましたので、あらためて提供機能についてご紹介します。

サブカルテ記載業務を支援する機能

Dentisのサブカルテは、患者に関するファイル管理を支援する機能 (ファイル管理) や、提供文書等の文書作成を支援する機能 (資料作成) 、加えてスタッフ間の情報共有を支援する機能 (情報共有) を提供します。一連の機能拡張をイメージできる動画を用意しましたので、字幕をONにした上でご確認ください。


なお、機能詳細については、今後変更される可能性がありますので、現時点での参考情報としてご認識いただければと思います。

さいごに

以上、今月のDentisプロダクトトピックでした。

Dentisは、皆さまからの要望をふまえ、毎月進化していっています。機能アップデートの情報はこのブログやSNS等でも発信していきますので、もしよろしければウォッチしてください!

Dentisブログ
Facebookページ